英語多読でやさしい洋書を楽しもう!

40歳からやさしい洋書を読み始めました。そんな日々をつづります。

  洋書読みの日々~ナラの多読的生活のナビゲーター   やさしい洋書 英語 多読的生活 トップページへ > 読みやすさレベル1のお薦め  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Library Lion

2010 - 06/05 [Sat] - 14:03

やさしいライオンの絵に和みました。

読みやすさレベル0.8
総語数 1,373

Library LionLibrary Lion
Kevin Hawkes

Candlewick 2009-06-25
売り上げランキング : 24754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


街の図書館にライオンがやってきました。みんなは驚きますが、規則に厳しいメリーウェザー館長はライオンが来てはいけない規則はないのだから、決まりごとを守るのならかまわないと許可を出します。
ライオンは「お話の時間」を楽しみに図書館へ通うことにしますが、ある日事件がおこり・・・。

図書館でくつろいだり、お仕事を手伝うライオンがなんともかわいい!事件後の周りの人たちの温かみもじんわりときました。こんな図書館あったらいいなぁ(^^)。

My評価 80点 ★★★★★★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ人気ブログランキングへ くりっくで応援♪

スポンサーサイト

Emily's Balloon

2010 - 03/25 [Thu] - 16:56

読みやすさレベル0.5
総語数 183

Emily's BalloonEmily's Balloon

Chronicle Books 2006-02-23
売り上げランキング : 3839

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Emilyは外出先でお店の人から黄色い風船をもらいました。風船が飛んでしまわないように、お母さんが紐の所に重しとしてスプーンを結んでくれました。Emilyが喜んで遊んでいると、強い風が吹いてきて風船が飛ばされてしまい…。

幼い頃って、大人と比べて生活要素がシンプルな分 一つ一つの事柄の重さが重いというか、ほんとうに純粋なのですよね。Emilyの風船に対する想いのいたいけさとお母さんの優しさに胸がキューっとなりました。
切ない気持ちと希望が背中あわせの世界観が好きです。大きな賞をもらっていなくても、いい作品はあるんだなぁ。出会えて嬉しい。

My評価 85点 ★★★★★★★★☆☆


人気ブログランキングへ くりっくで応援♪

This is London

2009 - 09/01 [Tue] - 21:00

読みやすさレベル1.8
総語数 1,300

This is London (This is . . .)This is London (This is . . .)

Universe 2004-04-07
売り上げランキング : 12074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロンドンってどんなところ?ロンドンの美しい建物、公園やお店、地下鉄や近衛兵・・・いろんな場所や人々の様子を紹介します。

オリジナルが1959年に出版され、近年再版されたMiroslav Sasekの絵本。ロンドンの建造物を丁寧に温かく描いた絵が素晴らしい!車や人々の服装は1950年代だけあってクラシカルだけれど、充分今でも楽しめます。当時と現在とで異なる部分は巻末にある"THIS IS LONDON...TODAY!"で補足。

この本を見ていると、やたら旅情をかき立てられるんですよ。観光ガイド的な使い方もできたりして・・・。
当時の牛乳配達屋さんの姿とか、そういうのも面白かった~。
子供だけに読ませるにはもったいない本だと思います。

My評価 85点! ★★★★★★★★☆☆


人気ブログランキングへ

A Trip to the Library

2009 - 08/04 [Tue] - 21:18

よみやすさレベル1
総語数 423

A Trip to the Library (DK Readers Level 1)A Trip to the Library (DK Readers Level 1)

Dorling Kindersley 2004-08-05
売り上げランキング : 386892

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図書館の利用の仕方を子供に教えるための本ですが、外国の図書館てどんなだろう?興味があったので読んでみました。借りるシステムなどは特に日本とかわらないものの、見渡す限り洋書でいっぱいの空間に「いいな~」と思ってしまいました。

大きなBunnyを頭にのせて

2009 - 06/30 [Tue] - 19:51

思わず笑っちゃいました。

読みやすさレベル1
総語数 222

A Boy and His Bunny (Bccb Blue Ribbon Picture Book Awards (Awards))
Sean Bryan
Arcade Pub
売り上げランキング: 345164


ある日起きたら、大きなウサギが頭の上にのっていました。母親が恐る恐る指摘すると「でも別に困らないし」と冷静に答える少年。

ウサギが頭の上にいても、あれも出来るしこれも出来るし・・・というのですが、韻を踏んでいるから、読んでいてすごく楽しい!声に出して読みたくなっちゃいます。ウサギを頭の上にのせてボブスレーしたりバイクに乗ったりしてるけど、少年はちゃんとヘルメットを被ってるんですね。で、その上にウサギ。
やっぱりまずウサギをおろして、ヘルメット被って、それでまた乗せなおすのかな。

なんかこのポジティブパワーに癒されました。


My評価 脱力感漂う(?)絵と、頭から離れないフレーズ。オススメ♪
      ★★★★★★★★☆☆ 80点


よろしくお願いします。ショートケーキ
 ↓
人気ブログランキングへ

 | HOME |  »

プロフィール

ナラ

Author:ナラ
半年かかって2008年12月、100万語達成した40代会社員。2010年9月に300万語通過しました。

My評価について
50点ならますまず普通レベル、70点ならよし!80点越えると特にオススメ!を目安に採点しています。

記事と関係のないコメント・トラックバックは削除する場合があります。ご了承ください。  

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

多読生活的オススメ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ドル箱からハピタスに名称かわりました。
紀伊國屋書店Book webから
洋書を買うと購入額1.4%分の
ポイントが貯められてお得です♪
→詳しくは過去記事

多読的生活サイトマップ

最新記事

最新コメント

シリーズ・作者別タグリスト

最新トラックバック

gremz

月別アーカイブ

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ



人気ブログランキングへ

ブログ内検索

Counter

♪お気に入りリンク♪


当サイトはリンクフリーです。

RSSリンクの表示

200万語以後の読了本

Amazonで探す

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。