英語多読でやさしい洋書を楽しもう!

40歳からやさしい洋書を読み始めました。そんな日々をつづります。

  洋書読みの日々~ナラの多読的生活のナビゲーター   やさしい洋書 英語 多読的生活 トップページへ > 2010年09月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Trials of Death 【進行中】

2010 - 09/29 [Wed] - 13:57

淡々とした話の本が続いたので、そろそろ刺激的な(?)本を。

というわけでダレン・シャンの続き(5巻)を読書中です。
このシリーズは3巻ごとに話が一区切りつく作りになっているのですが、前巻では一冊かけて伏線を引いていた為、話がこれからというところで終わってしまっていました。
今回の話の行方に期待! YL5.5。

The Trials of Death (The Saga of Darren Shan)
The Trials of Death (The Saga of Darren Shan)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ人気ブログランキングへ くりっくで応援♪

スポンサーサイト

The Borrowers Afield

2010 - 09/27 [Mon] - 11:16

読みやすさレベル7.5
総語数 44,112

The Borrowers Afield (Odyssey/Harcourt Young Classic)The Borrowers Afield (Odyssey/Harcourt Young Classic)
Mary Norton Beth Krush

Sandpiper 2003-04-01
売り上げランキング : 6487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

床下で人目を忍んで暮らしていた小人たちは人間に見つかったことから、新たな住み家を求めて野に出ます。戸外での生活に慣れるのは大変ですが なんとか適応しようとするアリエッティ達。野育ちのBorrowers、Spillerも加わり日々の生活が始まります。

前巻と比べると大きな事件はほとんど起こらず日常の営みが淡々と語られるという、かなり牧歌的な作品。
こののんびりした箱庭的世界が好きな人は楽しめると思うのですが、私は途中でなにかもっと大きな出来事が起こらないかなぁと考えてしまったりして、相性的にはちょっと残念だったかな。1巻は好きなんだけど…。

My評価 55点 ★★★★★☆☆☆☆☆

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ人気ブログランキングへ くりっくで応援♪

The Borrowers Afield 【進行中】

2010 - 09/23 [Thu] - 21:25

The Borrowersの第2巻に取り掛かっています。
映画「借りぐらしのアリエッティ」の中で1巻には出てこない スピラーというキャラクターが出てきまして、それで続きが気になったから…。読んでみると、2巻にSpillerが出てきていますね。今のところ なかなかに牧歌的な作品。YL7.5。

読みたい本が溜まっているので、勢いで読んでしまいたいところですが…どうなるかな。

The Borrowers Afield (Odyssey/Harcourt Young Classic)
The Borrowers Afield (Odyssey/Harcourt Young Classic)

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ人気ブログランキングへ くりっくで応援♪

From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler

2010 - 09/21 [Tue] - 10:45

読みやすさレベル6.2
総語数 30,660

From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. FrankweilerFrom the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler
E.L. Konigsburg

Atheneum 1998-04-01
売り上げランキング : 2561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

12歳のClaudiaは日々の変化のない生活に嫌気がさし、家出をしようと考えます。
でも勢いで飛び出すのは嫌!出ていく場所や相棒、入念に計画を立ててから出て行かなくちゃ。
こうして場所をメトロポリタン美術館に決定し、一緒に決行する相手には、お金にしっかりしていて堅実に貯金をしている弟Jamieに決め、準備万端で家出を決行しますが…。

美術館で暮らすうちに、この家出が終わって家に帰った時には キャンプから帰ったときようなのではなくもっと変化を遂げていたい、どこか違った自分になって帰りたいと切実に思うようになるClaudia。美術館のある像の謎をめぐって気持ちが揺れ動きます。最後には思わぬ方向に話が進んで…。

ドキドキハラハラの冒険というよりは落ち着いた、日常生活の延長線上にある冒険。姉と弟二人のやりとりが楽しく、当時の美術館の描写もなかなか興味深かったです。

この本は発刊35周年の記念バージョンだったので 著者の特別寄稿の後書き等おまけがついており、この35年間で本の舞台だったメトロポリタン美術館や町並みがどのように変わったかが描かれているところも楽しかったです。

My評価 60点 ★★★★★★☆☆☆☆

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ人気ブログランキングへ くりっくで応援♪

適度な負荷

2010 - 09/17 [Fri] - 21:20

ハウルを含めて計14万語を急いで読み切った後 次の本に取りかかったら、そこそこ読速が上がっていました。

もともと私は読速が遅い方。かえり読みはしないけれども、今までは神経を集中させてどちらかというと「塗りつぶすように」じっくり文章を見ていかないと話がつかみにくかったんですが…。

続きを読む »

 | HOME |  »

プロフィール

ナラ

Author:ナラ
半年かかって2008年12月、100万語達成した40代会社員。2010年9月に300万語通過しました。

My評価について
50点ならますまず普通レベル、70点ならよし!80点越えると特にオススメ!を目安に採点しています。

記事と関係のないコメント・トラックバックは削除する場合があります。ご了承ください。  

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

多読生活的オススメ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ドル箱からハピタスに名称かわりました。
紀伊國屋書店Book webから
洋書を買うと購入額1.4%分の
ポイントが貯められてお得です♪
→詳しくは過去記事

多読的生活サイトマップ

最新記事

最新コメント

シリーズ・作者別タグリスト

最新トラックバック

gremz

月別アーカイブ

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ



人気ブログランキングへ

ブログ内検索

Counter

♪お気に入りリンク♪


当サイトはリンクフリーです。

RSSリンクの表示

200万語以後の読了本

Amazonで探す

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。