英語多読でやさしい洋書を楽しもう!

40歳からやさしい洋書を読み始めました。そんな日々をつづります。

  洋書読みの日々~ナラの多読的生活のナビゲーター   やさしい洋書 英語 多読的生活 トップページへ > スポンサー広告> 多読近辺のちょっとした技 > Wikipedia englishで調べる  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipedia englishで調べる

2009 - 05/08 [Fri] - 23:51

わけあって暫くお休みをいただいていましたが、徐々に再開していきたいと思います。

英語の児童書を読んでいると、巻数の多いシリーズもの等でどれが何番目の巻なのか解らなくなることがあります。
第何巻、と本に表示していない場合が多いんですね。
全3巻ぐらいだとまあ解るんですが、6巻、10巻、それ以上になるともうごちゃごちゃ。

たとえばこんなの。10巻以上あるシリーズですが、本を見ただけでは何巻目か解りません。

よみやすさレベル6

Thieves of Ostia (Roman Mysteries)
Caroline Lawrence
Puffin
売り上げランキング: 77141
おすすめ度の平均: 4.0
5 生き生きとした古代の生活が感じられる
3 もうちょっと
4 基本的に面白かったので、続編も翻訳を出して欲しい
5 古代ローマの生活を楽しめるアドベンチャーシリーズ第1巻
3 翻訳が悪い

そういう時には 作家のHPを調べて見に行くと言う手がありますが、私はまず、Wikipedia englishで調べてみます。

ここの「Search」に作者名か作品名を英語で入力して検索してみると、大抵の場合、データを調べることができます。あまりマイナーなものだと出て来ませんが・・・・。

英・米、どちらの国の作家なのかや代表作。多くの巻数のシリーズを持っている場合も年代順に発表作が書かれていますし、新作発表予定なども明記されていたりして便利。時には作品のキャラクターや世界観の解説が載っていたりして、ざっと目を通すだけでも面白いです。
アメリカの作家だと思っていたら実はイギリスの人だった、とかもありますしね。


意外な発見もあるよ、のぽちっ。

人気ブログランキングへ  

≫次の記事へ



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tadokuteki.blog16.fc2.com/tb.php/17-4caac2fe

 | HOME | 

プロフィール

ナラ

Author:ナラ
半年かかって2008年12月、100万語達成した40代会社員。2010年9月に300万語通過しました。

My評価について
50点ならますまず普通レベル、70点ならよし!80点越えると特にオススメ!を目安に採点しています。

記事と関係のないコメント・トラックバックは削除する場合があります。ご了承ください。  

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

多読生活的オススメ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ドル箱からハピタスに名称かわりました。
紀伊國屋書店Book webから
洋書を買うと購入額1.4%分の
ポイントが貯められてお得です♪
→詳しくは過去記事

多読的生活サイトマップ

最新記事

最新コメント

シリーズ・作者別タグリスト

最新トラックバック

gremz

月別アーカイブ

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ



人気ブログランキングへ

ブログ内検索

Counter

♪お気に入りリンク♪


当サイトはリンクフリーです。

RSSリンクの表示

200万語以後の読了本

Amazonで探す

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。