英語多読でやさしい洋書を楽しもう!

40歳からやさしい洋書を読み始めました。そんな日々をつづります。

  洋書読みの日々~ナラの多読的生活のナビゲーター   やさしい洋書 英語 多読的生活 トップページへ > スポンサー広告> YL2/YL3 > ボストン茶会事件当時のアメリカ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン茶会事件当時のアメリカ

2009 - 07/14 [Tue] - 21:21

今回の読了本です。

読みやすさレベル3.5
総語数 7,700

1562470078Felicity Learns a Lesson: A School Story (American Girls Collection)
Dan Andreasen Keith Skeen
American Girl Publishing Inc 1991-09

by G-Tools


1774年、植民地時代のアメリカ・バージニア。

商人の娘、Felicityは乗馬が好きな快活な女の子。
母親にお茶のマナー教室へ通うように言われ、イギリスから来た姉妹、Annabelle、 Elizabethと3人でレッスンを受けるのですが Annabelleは植民地の人間を見下していて、Felicityが入植者であることが気に入りません。



Tea Party事件のころ、まだアメリカ合衆国が生まれる前のお話で Meet Felicity: An American Girl : 1774 (The American Girls Collection, Book 1) に続く2巻目。 Felicityが嫌味をいわれたり、ボイコットに参加した父親を非難されたりするのがちょっとヘビー。

私が小学生ぐらいの時に読んだ児童書では、子供の主人公が思うようにいかずストレスにさらされる場面はそれほどなかったように思います(私が単に出会っていないだけかな・・・)。でも洋書だと割に見かけますね。

傷つきながらも、なんとか自分で解決しようとするFelicityがいじらしかった。

このお話とTea Party事件は関連があるのですが、史実について詳しくは知らないのです。たまたま手元にこの事件について書かれた多読用の本があったので、この機会に読んでみます 顔 ニコ

My評価 60点でいきましょう。★★★★★★☆☆☆☆


応援下さる方はクリックで投票してね。
 ↓
人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tadokuteki.blog16.fc2.com/tb.php/76-ac3c8319

 | HOME | 

プロフィール

ナラ

Author:ナラ
半年かかって2008年12月、100万語達成した40代会社員。2010年9月に300万語通過しました。

My評価について
50点ならますまず普通レベル、70点ならよし!80点越えると特にオススメ!を目安に採点しています。

記事と関係のないコメント・トラックバックは削除する場合があります。ご了承ください。  

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

多読生活的オススメ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ドル箱からハピタスに名称かわりました。
紀伊國屋書店Book webから
洋書を買うと購入額1.4%分の
ポイントが貯められてお得です♪
→詳しくは過去記事

多読的生活サイトマップ

最新記事

最新コメント

シリーズ・作者別タグリスト

最新トラックバック

gremz

月別アーカイブ

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ



人気ブログランキングへ

ブログ内検索

Counter

♪お気に入りリンク♪


当サイトはリンクフリーです。

RSSリンクの表示

200万語以後の読了本

Amazonで探す

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。