英語多読でやさしい洋書を楽しもう!

40歳からやさしい洋書を読み始めました。そんな日々をつづります。

  洋書読みの日々~ナラの多読的生活のナビゲーター   やさしい洋書 英語 多読的生活 トップページへ > スポンサー広告> YL2/YL3 > アメリカの陪審員制度についての本  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの陪審員制度についての本

2009 - 07/22 [Wed] - 21:46

読みやすさレベル3
総語数 1,896

Serving on a Jury (True Books: Civics)Serving on a Jury (True Books: Civics)
Sarah De Capua

Childrens Pr 2002-09
売り上げランキング : 153144

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アメリカの陪審員制度について解説した本です。字がでかい!
陪審員がどのようにして選ばれるのか、どんな事をするのか。
裁判系の単語がでてくるので、いずれ本などで裁判のシーンが出てきたとき、役立つかも。

しかし結構大変なんですね、アメリカの陪審員。
ニュースで取り上げられるような事件を担当するときは、人の意見やマスコミに左右されないように家にも帰れず、テレビや新聞もみられないとか!


人気ブログランキングへ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tadokuteki.blog16.fc2.com/tb.php/83-7479e233

 | HOME | 

プロフィール

ナラ

Author:ナラ
半年かかって2008年12月、100万語達成した40代会社員。2010年9月に300万語通過しました。

My評価について
50点ならますまず普通レベル、70点ならよし!80点越えると特にオススメ!を目安に採点しています。

記事と関係のないコメント・トラックバックは削除する場合があります。ご了承ください。  

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

多読生活的オススメ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ドル箱からハピタスに名称かわりました。
紀伊國屋書店Book webから
洋書を買うと購入額1.4%分の
ポイントが貯められてお得です♪
→詳しくは過去記事

多読的生活サイトマップ

最新記事

最新コメント

シリーズ・作者別タグリスト

最新トラックバック

gremz

月別アーカイブ

ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ



人気ブログランキングへ

ブログ内検索

Counter

♪お気に入りリンク♪


当サイトはリンクフリーです。

RSSリンクの表示

200万語以後の読了本

Amazonで探す

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。